• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 10933
  • 公開日時 : 2009/03/02 00:00
  • 印刷

【かんたん!販売仕入】元帳は正しいのに締め請求書を作成すると請求金額が異なります。

日常作業メニュー/締め請求書の取り消し
カテゴリー : 

回答

締め請求書の作成の後に、売上または回収伝票を入力されたと考えられます。
売上伝票の入力の場合は、一度締め処理が行われているため、売上伝票の請求日が締め日の翌日に設定され、次回請求分として登録されてしまいます。
今月請求に含める場合には、下記操作手順にて反映されるかご確認下さい。
1.[日常作業]メニューの[締め請求書の取り消し]から今月分の取り消し処理を行います。
2.[資料]メニューの[売上資料]-[売掛元帳]から、該当の得意先を設定し、今月の請求期間に表示をあわせます。
一覧から売上伝票を選択して[ズーム]ボタンで伝票を呼び出しし、「請求日」欄を今月請求日の日付に修正し登録します。
3.[日常作業]メニューの[締め請求書の作成]から再度、今月分の締め処理を実行し確認して下さい。
回収伝票の入力の場合には、一旦締請求の取り消しを実行し、再度締処理を実行した時点で今月分に含まれてます。
FAQ番号 : 
10173
製品名 : 
かんたん!販売仕入

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせフォームを入力されましてもご返信はいたしかねます

この「よくあるお問い合わせ」はMJSシステムの利用に関するご説明をしたものです。
作成には十分留意していますが、説明による問題・不利益に関して弊社では何ら責任を負うものではありません。あらかじめ、ご了承ください。